空広町役場*趣味広報課 空広町役場☆趣味広報課 町田相原郵便局~ワインレッドの屋根に金の郵政書体がお洒落な局舎

07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.07/23(Sun)

町田相原郵便局~ワインレッドの屋根に金の郵政書体がお洒落な局舎

今回は、2015年の訪問記を少しでも早く紹介していこうと思います。
もう2年前の話になるわけで、流石にこの機を逃すと掲載し損ねるかと思って…(^^;

20150612相原駅にて横浜線

2015年6月12日、横浜線に乗って降り立ったのは…

20150612相原駅駅名標

町田市の相原駅です。

20150612相原駅

この相原駅ですが、市町村的にちょっと面白い場所にあるんです。
せっかくなので地図の画像を用いて説明したいと思います。

町田市地図と相原駅の位置(Googleマップより)
(地図はGoogleマップより)

上の地図の赤枠で囲まれているのが町田市です。
赤い丸は町田市役所のある中心地、緑の丸は相原駅です。

一般的に「町田」と略して言った時指すのは町田駅のある赤い丸周辺のことが多く、
市の西端が橋本駅の近くまで細長く延びていることはあまり知られていないように思います。
なので、相原駅が町田市だということに驚かれるかもしれません。

そして、これが理由で他にも変わったことが起きるのです。
町田市の細長い西端に立地する相原駅は、
地図を見れば一目で分かる通り、北を八王子市、南を横浜市に挟まれています。
よって、横浜線で東神奈川駅から八王子駅行きに乗ると、
横浜市から一度町田市に入り、再び横浜市に戻ったのちまた再び町田市に戻る、という
何とも不思議な現象が起きるのです!(笑)

町田市といえば、小田急線や東名高速道路において、
神奈川県から東京都に入って再び神奈川県に入る場所、
ゆえに実質神奈川県だ、などと冗談で言われたりしますが…
境界に関して色々面白いことが多いですね^^

20150612相原駅入口交差点

余談が過ぎました、郵便局へ向かいます。

20150612東京都道47号8キロポスト

途中、東京都道47号の8キロポストを見かけました。
この青い三角柱のキロポストを見かけると東京都にいることを実感しますね!

20150612町田相原郵便局

こちらが今回の目的地、町田相原郵便局です!
一目で魅了される素敵な局舎です!
ワインレッド色の屋根に、レンガ風のタイル、何ともお洒落✧٩(*ˊωˋ*)و✧
屋根の形や窓のデザインなどもアクセントになっていますね。

後ろのアパートの建物と一体となっていて、
局舎部分だけが突出した形の独特な構造となっているのも面白いですね。
一体といっても、接続部に入ることはできないので、
内部が繋がっているのかどうかは不明です。

アパートと一体になっているにも関わらず、
局舎の外装はアパートの外装と異なるところにも拘りを感じますね!

20150612町田相原郵便局局名表示(金文字郵政書体)

見て下さい、この立派な金文字の郵政書体!(`・ω・´)
ただでさえ綺麗な金文字の郵政書体が、ワインレッド色の屋根でいっそう引き立ちます。
なんて美しいんでしょう!(*´ω`*)

20150612町田相原郵便局前の差出箱13号ポストとペリカンの像

ポストの脇にはペリカンの像がありました。
何故にペリカン… 意味深です(笑)

20150612町田相原郵便局ひらがな局名プレート

入口ドアの上には、ひらがなで書かれた局名プレートもありました。
ほのぼのとした感じで良いですね。

20150612町田相原郵便局定礎

そして、この局舎、自分のような者にはありがたいことに、なんと珍しく定礎がありました!
昭和56年3月竣工のようです。
昭和50年代といえば郵政書体が使われていたという特徴がありますが、
この局はそれがしかも金文字で、局舎も色遣いがお洒落で、個性的!
素敵な局舎、今の状態のまま長く残ってほしいです!٩( 'ω' )و

先に局舎に関する情報が分かってしまいましたが、
それでは風景印をもらいに行きましょう。

20150612町田相原郵便局風景印
町田相原郵便局 (まちだあいはら-)
〈東京都町田市〉
押印日:2015年6月12日
意匠:境川源流地、都指定文化財・青木家屋敷

境川は、橋本駅から町田駅付近まで東京都と神奈川県の県境となり、
小田急江ノ島線沿いに大和市や藤沢駅を通り、
江の島のすぐ付け根に注ぐ川ですね。
その源流は、この付近からさらに奥地へ行ったところにあるんだそうです。
それにしてもなかなかインパクトあるデザインの風景印ですねえ!
境川の流れる様子の表現がなかなか面白くて好きです^^

続いて、イラストを紹介します。

20150612町田相原郵便局イラスト

現地でボールペンで描いているので、必然的にモノクロになるわけですが、
その中でもワインレッド色の屋根やレンガ風のタイルなどのお洒落な外観の感じが
伝わるよう意識して描いてみました(`・ω・´)

さて、局舎の竣工年については先程定礎で分かってしまいましたが、
気になる謎のペリカンと局名プレートについて訊いてみました。
伺ったところによると、それぞれ美術学校や施設などで作られたもので、
十数年前に局に寄贈されたのだそうです。
何故ペリカンなのかはよく分からないようです(^^;
そういえばペリカン便はゆうパックに吸収され無くなってしまいましたが、
この局のペリカンは健在というわけですね(笑)



さて、風景印ももらってイラストも完成したところで、
再確認として郵便局の全体の構造を見ておきたいと思います。

20150612町田相原郵便局概観

アパート部分も含めた全体はこのようになっています。
アパートと一体なので、駐車場が広く取られおり車での来訪も安心です。
実際、自分が時間をかけて長く写真を撮っている間にも、
確かに車で来られる方は多かったように思います。

20150612町田相原郵便局側壁

横から見るとこのような感じです。
アパートとの繋がりがどうなっているのか気になるところですね…

20150612町田相原郵便局側壁アパートの郵便マーク

アパート自体の側面にも郵便マークがしっかり入っています。
ですが、何故かアパートとは関係ないローソンの広告も付いていますね(^^;

最後までお読み下さりありがとうございましたm(_ _)m

コミュニティ : 東京・多摩地域 - カテゴリ : 地域情報

登録タグ : 郵便局 風景印 町田市 町田相原郵便局 郵政書体 定礎 ペリカン ゆうパック 東京都道47号 キロポスト

00:45  |  郵便局・風景印  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントする

URL
Comment
Password  コメントの編集・削除に必要
Secret  管理者にのみコメントを表示  
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |