空広町役場*趣味広報課 空広町役場☆趣味広報課 乙津郵便局~山の郵便局を訪ねて新緑の秋川渓谷へ

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017.06/29(Thu)

乙津郵便局~山の郵便局を訪ねて新緑の秋川渓谷へ

記事にしていない郵便局が増えるばかりなので、
引き続き昨年訪問した郵便局を先に紹介していきたいと思います。
2015年のイラストも、今年のイラストもまだまだ沢山ありまして、
実際の訪問順とは関係なく順次紹介できるよう頑張りますので
よろしくお願いします!(`・ω・´)

せっかく日も長い初夏の季節の更新なので、
緑が鮮やかな季節に訪問した郵便局を取り上げたいと思います!

20160419武蔵五日市駅にて五日市線

2016年4月19日、五日市線の終点にやって参りました。

02160419武蔵五日市駅プラットホーム

東京も西端の方まで行くと山の緑が綺麗で良いですね!(*´ω`*)

20160419武蔵五日市駅駅名標

というわけで、こちらは武蔵五日市駅です。

20160419武蔵五日市駅外観

外観も駅名が木のプレートだったり、山らしい感じですよね!

20160419武蔵五日市駅停留所

鉄路はここまでなので、これより西へはバスで向かいます。
離島以外では東京都唯一の村、檜原村へ向かうにもここが起点となります。
檜原村は既に訪問済みで、これまた山深く心が落ち着く良い場所で、
是非紹介したいような村なのですが、今回はあきる野市内の郵便局を訪問します。

20160419西東京バス五18系統藤倉行

西東京バスに乗って、いざ癒しの山の中へ出発!
ちなみに、山村のバスというと本数が絶望的に少ないのでは…と思われるかもしれませんが、
バスによって行き先が分岐する手前の檜原村役場近くまでなら、
1時間に2本程度の本数があるので、こういったエリアの中では比較的安心な方だと思います。

20160419十里木停留所

今回は、檜原村に入る少し手前、十里木停留所で降車します。

20160419十里木停留所周辺風景

こんな場所です!山の中のバス停ですねえ!

20160419十里木交差点

反対を向くとこんな感じに、三叉路になっています。
左へこのまま進むと檜原村となりますが、今回は右へ向かいます。
看板にもある通り、右にはこの先鍾乳洞もあるそうですが、
だいたいお察しの通りどこへも通じない行き止まりとなっています。
ちなみに、徒歩なら山岳信仰と宿坊で有名な御岳山への登山道があるようです。

20160419東京都道201号十里木ランド近く

勿論そんな奥地まで行く訳はありません(笑)
今回は郵便局まで1kmちょっとの道のりを歩きます。
局前にバス停もありますが、こちらのバスは本数が少ないので、
先程のバス停から歩く方が時間を気にせずに済んで楽かと思います。

20160419東京都道201号落合橋

橋が出てきました。
この辺りが秋川渓谷で、釣りやキャンプなどを楽しむ人も多いようです。

20160419秋川案内板

川の名前は「秋川」。多摩川の支流です。
ローマ字表記は何故か「Aki-Gawa」となっています。
「Aki-River」ではないのでしょうか(^^;

20160419落合橋から見る秋川渓谷上流

山!川!良いですねえ、リフレッシュします!
アクティビティをしなくても十分癒されます!
こちらは上流側です。

20160419落合橋から見る秋川渓谷下流

こちらが下流側です。
流石渓流、水が綺麗ですヽ(´∀`)ノ

20160419落合キャンプ場近くの差出箱1号丸ポストと公衆電話

丸ポストも発見しました!歩きならではの楽しみですね^^
すっかり数が減りつつある公衆電話と友達です。

20160419落合キャンプ場近くの差出箱1号丸ポストと公衆電話と周辺風景

山と丸ポストと公衆電話、絵になる風景ですね(*ˊωˋ*)

20160419札立停留所

途中にあったバス停、札立停留所
これで「ふだあて」と読むようです、難しいですねえ!

20160419東京都道201号新橋

住宅が増えてきました、郵便局までもう少しです。

20160419乙津郵便局と小宮ふるさと自然体験学校遠景

さあ、見えてきましたよ!

20160419乙津郵便局

こちらが今回の目的地、乙津郵便局です!
先程のバス停同様、こちらも難読、この二文字で「おつ」と読みます。
「乙」だけで「おつ」と読めますが、さらに「津」が付いているのが面白いですね。
次第に読みが変化していったパターンでしょうか?

20160419乙津郵便局概観

背後には木々が聳え、いかにも山の郵便局といった感じで素敵です^^

20160419乙津郵便局局名表示と入口手動開き戸

近くでもよく見てみましょう。
入口の辺りなんてすごい味わい深いですよ!
木製の黒い手動ドアは渋くてカッコイイです!╭( ・ㅂ・)و ̑̑

20160419乙津郵便局局名表示プレート

そして注目はこちら!
ドアの縁に控えめに設置されている局名プレート!
恐らく局舎ができた当初からのものかと思われます、
緑色に手書きの白文字がこれまた渋くてたまりません!
後の時代に営団ゴシックの大きい局名表示が設置されてからも、
外されることなく現在まで残り続けたわけです、素晴らしい(*´ω`*)
これほど個性を感じる意匠の局名表示は昨今すっかり失われてしまったので貴重ですね!

さて、この魅惑的な局舎がいつ頃のものなのかも気になりますし、
風景印をもらいに中に入りましょう。

20160419乙津郵便局風景印
乙津郵便局 (おつ-)
〈東京都あきる野市〉
押印日:2016年4月19日
意匠:大岳鍾乳洞、秋川の清流

流石自然豊かな山中の郵便局だけあって、局周辺の代表的な景勝地が描かれています。
降車したバス停近くに看板がある、ということで触れました大岳鍾乳洞と、
道中実際に見てきた秋川渓谷の図案です。
これぞまさしく「"風景"印」といった感じの素敵なデザインです^^

続いて、イラストを紹介します。

20160419乙津郵便局イラスト

山の郵便局らしさが伝わるよう後ろの木立などに気合いを入れて描いてみました(`・ω・´)



気になる局舎のできた時代ですが、伺ったところ、
はっきりは分からないものの、なんと昭和42年前後とのことでした!
予想以上に昔からの局舎ということで驚きです!

やはりあの局名プレートはかなり古いもののようですね、
現在の営団ゴシックの局名表示が設置される以前はどのような外観だったのか、
旧郵政書体も当初はあったのか、など想像は尽きませんね…

こういった昔からの郵便局、できるだけ長く残していってほしいですね!

20160419乙津郵便局遠景

郵便局を後にして、帰りは局前のバス停から帰ります。

20160419軍道停留所

最寄りのバス停は、こちらの「軍道停留所」となります。

20160419軍道停留所拡大

これまた変わった名前の地名ですね!
何か謂れがあるのでしょうか?

後ろにあるのは、小宮ふるさと自然体験学校です。
お察しの通り元は普通の小学校で、
2011年度に閉校となった小宮小学校の校舎をそのまま活用しているようです。

20160419西東京バス檜52系統武蔵五日市駅行

バスがやってきました、コンパクトでかわいらしいバスですね。
運行本数は平均して2時間に1本程度。
こちらの局前バス停を利用する場合は、予め時刻表を確認した方が良いですね。

20160419秋川渓谷瀬音の湯入口看板

ちなみにこのバスは、途中、
秋川渓谷の温泉施設「瀬音の湯」をわざわざ経由するのが特徴になっています。

20160419武蔵五日市駅夕景

なんとか武蔵五日市駅まで帰ってきました、すっかり夕暮れですね。

20160419武蔵五日市駅プラットホーム夕景

山間の郵便局は、昔ながらの日本の風景そのものといったような
風情たっぷりの素敵な郵便局が多いので、

もっと訪ねて回って、そしてイラストも描いていきたいところです(*´ω`*)
もっとも、そういった郵便局ほど公共交通手段が少ない立地の場合も多く、
なかなか平日の営業中に訪問してイラストを描いて…というのは難しいかもしれませんが、
昭和の建物がひっそり姿を消しゆく昨今だからこそ、
そういった貴重な建物や風景を少しでも記録に残すべく頑張っていきます!٩( 'ω' )و


最後までお読み下さりありがとうございましたm(_ _)m

コミュニティ : 東京・多摩地域 - カテゴリ : 地域情報

登録タグ : 郵便局 風景印 あきる野市 乙津郵便局 武蔵五日市駅 十里木 大岳鍾乳洞 秋川渓谷 軍道 瀬音の湯

14:05  |  郵便局・風景印  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントする

URL
Comment
Password  コメントの編集・削除に必要
Secret  管理者にのみコメントを表示  
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |