空広町役場*趣味広報課 空広町役場☆趣味広報課 稲田郵便局~石切山脈と稲田石

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2016.04/28(Thu)

稲田郵便局~石切山脈と稲田石

ついに本格始動した市町村探訪記シリーズ、
ここまで前編、中編とお送りしてきましたが、ついに完結!
お待たせしました、今回は恒例の郵便局イラストも紹介しますよ!^^
<<前の記事 歴史と芸術の町・笠間市~笠間稲荷神社・笠間つつじ公園

20150426笠間駅

2015年4月26日、前回の続きより。今回は笠間駅前からスタート。
お気付きの方もいるかもしれませんが、上の写真はさり気なく前回も登場しています(笑)
何故再び笠間駅の写真なのかというと…

20150426笠間駅前郵便局

駅前に郵便局があるからでした(^^;
こちらは、笠間駅前郵便局です。
局舎は薄い水色、局名表示も黒地に金文字と、
強すぎない個性があるのも風格があってまた良い感じです。

風景印は、例によって日曜日にもらうことはできないので、郵頼にて。

20150428笠間駅前郵便局風景印
笠間駅前郵便局 (かさまえきまえ-)
〈茨城県笠間市〉
押印日:2015年4月28日(同年4月26日現地訪問の上郵頼)
意匠:笠間稲荷神社本殿、登り窯、佐白山、(変形印)笠間焼の壺

前回の記事の最後でも触れた通り、笠間市は陶芸の町、
こちらの風景印は輪郭が笠間焼なだけではなく、図案にも登り窯が描かれていますね。



20150426笠間駅前のロータリーありの道路標識

郵便局は本当に駅のすぐ目の前な訳ですが、
そんな局前、というか駅前には、ロータリーありの警戒標識もありました。

さて、笠間駅の隣駅にある一番の目的地の郵便局へ向かいます!

20150426笠間石井郵便局

でもせっかくなので、移動の道中にある郵便局には寄って行きますよ!
こちらは、笠間石井郵便局です。

20150428笠間石井郵便局風景印
笠間石井郵便局 (かさまいしい-)
〈茨城県笠間市〉
押印日:2015年4月28日(同年4月26日現地訪問の上郵頼)
意匠:楞厳寺山門、ヒメハルゼミ、仏頂山、(変形印)笠間焼の壺

休日だと、前を通って写真を撮るだけで、帰ってから郵頼すれば良いので、
効率的に回れて良いとも言えますね(笑)
ただ、やはり本来は平日に窓口でその場で押印してもらうのが
一番楽しいですけどね、局員さんともお話ができますし^^



20150426稲田交差点(国道50号・笠間市)

隣駅の近くまで移動してきました。

20150426稲田駅

笠間駅の西隣、稲田駅です。
「稲田」(いなだ)という名前の響きが良いですよね(*´ω`*)

20150426稲田駅の稲田石製の駅名表示板

名前の雰囲気からは一面に田んぼが広がる場所なのかな、なんて想像するかもしれませんが、
稲田の一番の売りは、御影石なんです!
その白さが特徴の稲田の御影石は「稲田石」と呼ばれ、
日本橋や最高裁判所にも使われているそうです。

ご覧の通り、駅名表示板も稲田石で作られています。

駅には石の百年館という稲田石に関する資料館も併設されているので、
興味がある方はこちらも見てみると楽しいかもしれません^^

さて、本命の郵便局へ!
郵便局も駅のすぐそばにありますよ。

20150426稲田郵便局(入口側)

こちらが、稲田郵便局です!
やはり良い響きの名前です(*´ω`*)
局舎も名前に相応しい昔ながらのローカルな感じで味がありますね!^^

20150426稲田郵便局(窓側)

後日伺ったところ、1980年築とのことです。
しかし、休日の郵便局訪問の難点は、単に営業していないというだけでなく、
このように入口がシャッターになっていて
普段の様子が全く窺えないケースがある
ことなのです。
郵便局は建物全体も然ることながら、
ドアや窓など細かいところにもその局ごとの個性があるもので、
そうした点が見られないのは、仕方ないのですが惜しいものがあります(´・ω・`)
しかも、シャッターがあるような郵便局は、昔からの局舎がほとんどなんですよね(^^;

20150426稲田郵便局局名表示

そんなわけですが、休日でも見られるところは堪能していきますよ!
どうですか、この局名表示!藍色のボールド郵政書体!
渋くてカッコイイですねえ!╭( ・ㅂ・)و ̑̑
「稲」の字の「ツ」の部分や、「局」の字の「口」の部分など、
細い線で目立たないように裏で繋いであるのも面白いです^^

20150426稲田郵便局前ポスト(差出箱10号)

ポストはここ数年の間に差出箱1号角型から交換されたようです。
「JP 日本郵便」のシールもありませんし、見るからに新しいことが分かりますね。

20150426稲田郵便局入口部分

さて、本当ならこの流れで中に入りたいところですが、
残念ながら普段とは違い今日は休日なので、
風景印は今回訪ねた他の局と同様に帰ってから郵頼するとしましょう。

そして、後日届いた待望の風景印がこちら!

20150428稲田郵便局風景印
稲田郵便局 (いなだ-)
〈茨城県笠間市〉
押印日:2015年4月28日(同年4月26日現地訪問の上郵頼)
意匠:稲田石の採掘場、石切山脈、石切山脈の石碑、(変形印)笠間焼の壺

前述の通り、名産稲田石を前面的に描いた図案となっています。
壺の輪郭も相まって、個人的に結構大好きな風景印です!^^

そして、お待たせしました!
ここに来ての郵便局のイラスト紹介です!(笑)
いつものように郵便局の中に入ってその場で描く訳にいかないので、
帰ってから郵頼に間に合うように即日で仕上げました。

20150426稲田郵便局イラスト

味わい深いローカルな局舎の良さが出せるよう描いてみました^^

問題なのは前述の通りシャッターの件です、
閉まっているところを描くのも寂しいですし、かと言って想像で描く訳にもいかないので、
Googleストリートビューやその他ネットに掲載されている写真などを参考に、
一応それらしい感じにしてみました。



20150426稲田交差点青看標識(国道50号・笠間市)

さて、風景印にも描かれていた、稲田石を採掘している石切山脈をいざ見に行きましょう。

20150426石切山脈の石碑

稲田交差点を通過中に見つけました!
これが風景印に描かれていた、石切山脈の石碑ですね!

20150426石切山脈の夕景

稲田駅から北へ少し向かうと見えてくるこちらが石切山脈です。
ここまで色々と笠間市の魅力を求めて訪ね回ってきました旅もここでゴール。

予め株式会社想石に連絡をすれば、採掘場も見学できるそうですよ。
風景印の図案の通りの見事な採石の階層も見られるので、
興味がある方は是非こちらも訪ねてみてはいかがでしょう。

ちなみに、そこまではしなくても、稲田石の実物が欲しい!という方は、
先程紹介しました石の百年館で稲田石グッズを売っているので、ぜひそちらでお求め下さい!

20150426笠間市稲田の田園風景

陽も傾き、そろそろ帰路に就くとしましょう。
せっかくの稲田ですから、本当の田んぼの写真も載せておきましょうか(^^;

20150426福原郵便局

最後にちょっとだけ寄り道、福原郵便局です。
高速のインターチェンジに向かう途中に近くを通ったので…

20150428福原郵便局風景印
福原郵便局 (いなだ-)
〈茨城県笠間市〉
押印日:2015年4月28日(同年4月26日現地訪問の上郵頼)
意匠:笠間市のモニュメント、吾国山、(変形印)笠間焼の壺



20150426笠間西インターチェンジ

これにて、長きに亘って紹介してきました笠間市探訪記、完結となります。
役所も観光地も郵便局も沢山回れて、とても充実した楽しい旅でした!ヽ(´∀`)ノ

歴史あり花あり芸術あり、笠間市の魅力を皆様に少しでもお伝えできたなら、
そしてちょっとでも、行ってみたいな、なんて思って頂けたら、嬉しい限りです。


今回は色々と長くなってしまいましたが、通常の郵便局イラスト紹介の記事と共に、
市町村探訪シリーズも時々書いていければ、と思っています。
最後までお付き合い下さいまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m

…もしかするとちょっとだけおまけが続くかも?
【追記】続きました!あくまでほんのおまけですが(^^;
次の記事>> 稲田郵便局~平日の営業時間内に再訪

コミュニティ : 茨城 - カテゴリ : 地域情報

登録タグ : 郵便局 風景印 笠間市 笠間駅前郵便局 笠間石井郵便局 稲田郵便局 福原郵便局 稲田石 石切山脈

17:53  |  郵便局・風景印  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントする

URL
Comment
Password  コメントの編集・削除に必要
Secret  管理者にのみコメントを表示  
 

▲PageTop

 | BLOGTOP |