空広町役場*趣味広報課 空広町役場☆趣味広報課 天文

06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010.01/01(Fri)

2010年1月1日部分月食記録

明けましておめでとうございます。

新年最初の当ブログの本格的な記事は、
昨年お知らせした元旦に見られる部分月食についてです。

部分月食ですが、見られました。

この通りです。

bonyarigessyoku.jpg

8%と言うので見ても良く分からないぐらいしか欠けないものかと思っていましたが、
予想以上にはっきり月が欠けた様子を見ることができました。

今年は、6月26日に部分月食、12月21日に皆既月食が見られます。
今日の月食を見た方も見られなかった方も、是非見てみて下さい。

月を欠かしているのは地球の影なんだな、と考えると
なんだか感動的ですよね。

コミュニティ : 宇宙・科学・技術 - カテゴリ : 学問・文化・芸術

04:53  |  天文  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
2009.12/30(Wed)

2010年1月1日部分月食

こんばんは。空也です。
2009年も残すところ後1日と少しになりました。

さて、2010年もはじまってすぐ1月1日元旦に、
なんと部分月食が見られるそうです。

今回は月の8%が欠けるという大きい月食ではありませんが、
年の初めから見られる天体ショーということでなかなか楽しみです。

月食は、1月1日の3時51分から始まり、
4時22分に最大の8%が欠け、4時53分に終わります。

日本全国で上記の時間に月食が見られます。
元日の初日の出を見ようと早起きされる方も、
是非その前に西の空を眺めてみて下さい。

今年は、元旦の月食のほかに全部で3回も月食が見られ、
日食もまた見られるという天体ショーの年です。
その年の幕開けに相応しい元日の月食、見てみて下さいね。

今回の部分月食の詳細についてはこちらに掲載されています。
合わせてご覧ください。

コミュニティ : 宇宙・科学・技術 - カテゴリ : 学問・文化・芸術

登録タグ : 月食 部分月食 天体ショー 元旦 元日

17:47  |  天文  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/22(Wed)

2009年7月22日皆既日食

今日は待ちに待った皆既日食でした!!!



そして…



無事見ることができました!!!



…テレビでですが(笑)

今日の皆既日食は、一部の地域では無事綺麗に見ることができたようです。
一番長く皆既日食が見られると話題だった、
鹿児島県の悪石島では、激しい風雨に見舞われ
残念ながら日食は見られなかったようですが、
更に東の、硫黄島では美しい神秘的な皆既日食の様子を見ることができました。

自分も、東京の最大食の時間の11時12分52秒ぴったりに
空模様を見ていたんですが、厚い雲がかかっており、
日食で暗くなったんだか雲のせいで暗いんだか分からない
微妙な天気でしたね(^^;

その代わりに、NHKの硫黄島及びその近海からの
生中継を見ることができました。
生でその場所で見ることができなくても、
リアルタイムの日食を見られると、
やはり感動的な気持ちになるものですね!

nissyoku.jpg

ioujima.jpg

写真は、硫黄島近海から撮影された皆既日食を撮影したものと、
皆既日食の時の硫黄島近海の海上を撮影したものを撮影したものです。

つまりは、NHKの皆既日食の生中継の映像を、
自分がカメラで撮影したものです。
NHKは、硫黄島近海の一番晴れたところにわざわざ大型客船を出して、
大勢の天体ファンの人々とともに素晴らしい皆既日食の様子を放送してくれたわけです。
そのおかげで、自分たちも神秘的な皆既日食の様子を
見ることができたわけですから有り難いですよねえ。

ところで、以降日食や月食といった天体ショーはいつ何処で起こるのでしょうか?
調べて一部をまとめてみました。

まずは日食から。

・2010年1月15日、アフリカ中部からモルディブ、ミャンマーにかけて金環食。
 日本でも西日本を中心に一部が欠けるそうです。
・2010年7月11日、ポリネシア、チリ・アルゼンチン南部で皆既日食。
・2011年6月2日、日本の北日本を中心に部分日食。
・2012年5月21日、日本では沖縄・九州・四国の一部、近畿・中部の南部、
 東海・関東全域、東北南部で金環食が見られるそうです。
 全国的に見られるとのことなのでこれは期待ですね!
・2016年3月9日、皆既日食。
・2030年6月1日、北海道で金環食。
・2035年9月2日、日本では富山県から茨城県の間で皆既日食。

今度の日本での皆既日食はまだ先ですが、
数年後にはほぼ日本各地で見られる金環食が迫っています。
上記以外にも、世界各地では毎年のように日食が起こっていますので、
金銭面に余裕のある方は日食を追って海外に出かけてみるのもよいのでは?

続いて、日本で見られる月食についてです。

・2010年1月1日、部分月食。
・2010年6月26日、部分月食。
・2010年12月21日、皆既月食。
・2011年6月11日、部分月食。
・2011年12月10日、皆既月食。
・2012年6月4日、部分月食。

なんと、来年は月食が3回も起こるそうです!
鹿児島県では、来年は更に日食も1回起こる、食ラッシュの1年らしいですよ。

しかも、2010年は元旦から、初日の出ならぬ
初月の入り+月食が見られますね!
年の始めから、なんだかおめでたそうですねえ!

東京では、1月1日朝の4時から5時頃にかけて、
月の10%程が少し欠けるようです。
欠ける割合が小さいので気づけるかどうか微妙ですが(笑)

今年の世紀の天体ショー皆既日食をきっかけに、
宇宙の神秘に思いをはせてみてはいかがでしょう!?



P.S.

(以下は空也の妄言です。先程までの神秘的なイメージが崩れてもいい方のみどうぞ)

①太陽っていうとやっぱりお空ちゃんだよね!
 核融合を司るには太陽が絶対必要だもんね!流石お空ちゃん!俺の(ry
②天体といえば、宙のまにまに面白いですよね!
 昨日もなんだかんだ2時まで起きていて生で見てしまいました。
 主人公うらやましすg(ry

コミュニティ : 宇宙に関する話題 - カテゴリ : ニュース

登録タグ : 日食 皆既日食 部分日食 金環食 月食 皆既月食 部分月食 天体ショー 宙のまにまに

12:43  |  天文  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.07/21(Tue)

7月22日の皆既日食について

こんにちは。空也です。
皆さんもうご存知のこととは思いますが、
明日は皆既日食です!

鹿児島県の悪石島などで完全な皆既日食が見られることで話題ですが、
全国的にも部分日食を見ることができることご存知ですか?
天候さえよければ日本の何処にいても太陽が欠ける様子が見られます。
詳しく見てみましょう。

まずそもそもに、日食についての説明をしておきます。

 「日食」とは、月が太陽の前を横切るために、
 月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。
 太陽が月によって全部隠されるときには「皆既日食」と呼ばれます。
 今回は一部の地域でこの「皆既日食」が見られます。
 また、太陽のほうが月より大きく見えるために月のまわりから
 太陽がはみ出して見えるときには「金環日食(または金環食)」と呼ばれます。
 太陽の一部しか隠されないときには「部分日食」と呼ばれます。
                                           国立天文台ホームページより



このあたりは皆さんご存知かと思います。
一番知りたいのは、今回の日食が何処でいつどれくらい見られるかですよね。
では早速書きたいと思います。

まずは皆既日食の見られる地域から。

屋久島
食の始め:9時37分6秒
皆既食:10時56分10秒~11時0分5秒
食の終り:12時22分37秒

悪石島
食の初め:9時35分25秒
皆既食:10時53分16秒~10時59分41秒
食の終り:12時21分26秒

奄美大島
食の初め:9時35分21秒
皆既食:10時55分58秒~10時57分48秒
食の終り:12時22分6秒

日食の時間は割と短いものかと思っていましたが、
話題の皆既日食の時間が短いだけで、
太陽が欠けている時間はもっとずっと長かったんですね。
これならゆっくり楽しめそうですね。

次は、日本の各主要都市の日食の時間を見ていきます。

札幌
食の初め:10時4分30秒
食の最大:11時10分18秒(食分:0.506)
食の終り:12時16分3秒

仙台
食の初め:9時59分9秒
食の最大:11時12分52秒(食分:0.657)
食の終り:12時26分24秒

東京
食の初め:9時55分33秒
食の最大:11時12分52秒(食分:0.749)
食の終り:12時30分20秒

京都
食の初め:9時47分40秒
食の最大:11時5分52秒(食分:0.809)
食の終り:12時25分21秒

福岡
食の初め:9時37分39秒
食の最大:10時56分5秒(食分:0.897)
食の終り:12時17分48秒

那覇
食の初め:9時32分50秒
食の最大:10時54分7秒(食分:0.917)
食の終り:12時20分19秒

食分とは、太陽がどれくらい欠けるかを表す数値です。
東京でも7割も欠ける様子が観測できるようです。
10時前から12時過ぎということで、太陽が欠けている時間は
2時間以上ですね。滅多にない機会ですので是非観測しましょう!
後は明日の天気がいいことを祈りましょう。
予報だと東京は曇り後雨のようですね…。
降水確率は30%、降らないで欲しいものです!

最後に、これはさんざんテレビでも言われていますが、
太陽は絶対直接見ないでください!>
サングラスや、黒い下敷き、ネガ、煤をつけたガラス板などを
使用しても見ないでください。
太陽を見るときは専用の日食グラスが必要になります。
それを持っていない場合、絶対太陽を見ないでください!

では、どうやって日食を観察すればいいかというと、
例えば、カード類を使用すると、金額欄のところに小さい穴が開きますよね。
あれに光が当たるようにして、ピンホールの原理で
紙に写してやると、穴の一つ一つが太陽の形になります。

同様の原理から、木漏れ日も一つ一つが太陽の形になります。

望遠鏡を持っている場合は太陽投影板に写してみるのもいいでしょう。

皆既日食についての正しい情報を把握して、
世紀の天体ショーを皆で楽しみましょう!

更に詳しい情報が知りたい方は、
国立天文台のホームページも参考にしてください。
写真や画像付きの詳しい解説が見られます。

コミュニティ : 気になるニュース - カテゴリ : ニュース

登録タグ : 日食 皆既日食 部分日食 悪石島 東京 観測

15:24  |  天文  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |